ブログ
ブログ
2022.08.02
放デイ

【コラム】報酬の計算方法概要を知ろう!放課後等デイサービス編

ブログ 放課後等デイサービスの報酬について

資料ダウンロードまたは郵送はこちら   無料オンラインセミナーのご予約はこちら

 

こんにちは! Kensei療育.net 広報担当です。

今回は

  • 放デイの概要を学び始めた
  • 収支を考える上での売り上げを知りたい

方に向けた記事になります!

 

報酬って何だろう?

厚生労働省等の公的文書では、

放課後等デイサービスにおいて得られる賃金のことを「報酬」

と記載しています。

 

労働基準法などの労働法では「賃金」

健康保険法などの社会保険では「報酬」

と呼ばれ方が区別されますが、基本的な意味は同じです。

 

放課後等デイサービスでは、報酬を計算するために

「単位」という数字を基本として計算します。

そのため、報酬について調べると「単位数 500」のように記載されているのですね!

 

大まかな売り上げを知るには

  • 基本単位
  • 取得する加算
  • 地域単価
  • 開所日数
  • 利用者数

この5ポイントが整理できればOKです!

 

各ポイントごとの注意点がいくつかあるのですが

今回は概要をお伝えします!

 

 

Lets’ try !!

週5日で稼働(祝日も営業)として、7月に施設を開業する場合、

概算は以下になります。

 

基本単位

「サービス提供時間が3時間以上か、未満か」によって「区分」が決められています。

ほとんどの場合はサービス提供時間3時間以上の「区分1」で申請します。

区分1・・・ サービス提供時間が3時間以上

区分2・・・サービス提供時間が3時間未満

 

この区分を基準にして、平日と休校日それぞれの単位が決まっています。

今回の計算では、放デイ【区分1】と仮定したので

平日【604】休校日【721】という基本単位を入れました。

※区分について、また別の機会で解説します。

 

加算

取得できる加算の合計を出します。

今回は最低限で、加配加と送迎加算を取得した想定で計算しています。

 

加配加算 加配人員の所持資格:保育士【187】

送迎加算 片道【54】×2(行きと帰りで往復利用を想定【108】

合計【295】

※加配加算の考え方など、また別の機会で解説します。

 

地域区分

開業する地域ごとで決められております。

今回は5級地の10.60で計算しました。

 

1級地【11.20】~7級地【10.18】

ここに該当しない地域は、その他【10.00】となります。

※地域区分について、また別の機会で解説します。

開所日数

今回は7月開業を想定しましたので

平日を10日、休校日を13日と計算しました。

休校日の考え方ですが、「学校がお休みの日」として考えるため

平日の祝祭日や夏休み・冬休みなども休校日と考えることができます。

 

利用人数

通ってくれたお子さんの人数です。

弊社では、基本的に「1日利用者10名まで」の事業所開設をご提案します。

そのため、満員だと「10名」ですが、今回は半分の「5名」で計算しました。

 

もちろん1日利用者20名という選択肢もあります。

自己資金の金額、融資が必要かそうでないのか、採用できるスタッフ数

など様々な要因が絡みますので、お気軽にご相談下さい。

 

 

さて、ここまで見ていただくと

売り上げ=「単位合計【基本単位】+【加算単位】」

×【地域区分単価】×【開所日数】×【利用人数】

この式がなんとなく御理解いただけたのではないかと思います。

 

 

ちなみに、この想定で7月の休校日の売り上げは

以下になりました。

 

 

この想定では月の売り上げは

平日 476,470円 + 休校日 700,024円 =1,176,494円

このように計算ができました!!

 

 

 

Congratulation!!

今回の計算は、一例に過ぎません。

取得する加算、稼働日数、開業する地域、需要、サービス提供時間、利用者の数・・・

様々な要因で売り上げは大きく変わってきます。

 

もっと詳しく知りたい方は、

弊社無料セミナーへの参加、お問い合わせなどお気軽にご連絡下さい♪

お申込み、お問合せはお電話📞かメール📧でお待ちしております😊

 

資料ダウンロードまたは郵送はこちら    無料オンラインセミナーのご予約はこちら

 

健生セミナー事務局 連絡先
📞0120-312-333
📧kensei-fukushi@kensei-group.jp

 

*****************

 

★オススメ記事 →   _気になる今後のこと【放デイの2類型化ってどういうこと?🤔】_

★株式会社健生HPは コチラ(^^)/ 

★放課後等デイサービスについてはコチラ(^^)/

★障害福祉事業についてはコチラ(^^)/

セミナー申込・問合せ

Kensei療育.net

会員様ログイン
お電話
資料
請求