ブログ
ブログ
2024.03.19
コラム

発達障害支援でおすすめの資格とは?取得するメリットや不要なケースも解説!

資料ダウンロードまたは郵送はこちら  無料オンラインセミナーのご予約はこちら

発達障害のある子どもたちへの適切な支援は、今日の社会で求められる重要なうちの一つです。しかし、どの資格を取得すれば良いのか、または本当に必要なのかについて迷っている方も多いでしょう。

この記事では、発達障害支援の分野でおすすめの資格と、それを取得することのメリットや資格が不要なケースを詳しく解説します。発達障害児への対応能力を高め、より良い支援を提供したい全ての方に、必読の情報をお届けします。

発達障害支援でおすすめの資格6選

発達障害のある子どもたちへの支援は、専門的な知識と技術が求められます。ここでは、その支援を効果的に行うためにおすすめの資格を6つ紹介します。

児童発達支援士

児童発達支援士は、一般社団法人人間力協会が認定する資格で、自閉症療育に携わる専門家からの知見を学ぶことができます。この資格を取得することで、発達障害のある子どもたちに対する根本的なアプローチ方法を理解し、実践する能力が身につきます。

試験の合格率は90%程度と高く、広範な層に受け入れられていることが特徴です。保育士や教員など、子どもと関わる多くの職業の人々におすすめの資格です。

子ども発達障がい支援アドバイザー

子ども発達障害支援アドバイザーは、発達障害支援アドバイザー協会によって提供される資格です。発達障害を持つ子どもたちが社会の中で合理的配慮を受けられるよう支援する方法についての知識を学ぶことを目的としています。

初級から上級まで段階的に学べるシステムが整っており、療育関係者だけでなく、教育関係者にもおすすめの資格です。

早期発達支援士

こども家族早期発達支援学会が認定する、どちらかというと上級者向けの資格となります。この資格では、発達障害のある子どもたちに向けた基礎的な支援知識を有する人向けで、資格取得後は保育や療育業界でのキャリアアップが期待できます。

特に実務経験が必要なため、既に子どもたちの支援に関わっている人におすすめの資格と言えます。

発達障害支援士

四谷学院の通信講座を受講後に受けられる、療育業界で活躍を目指す方に向けた認定資格です。この資格は、児童発達支援士と似た内容を提供しつつ、中上級者向けの深い知識と実践スキルを身につけることができます。

療育現場で即戦力となるための専門知識を習得することが可能で、保育士や教員、療育従事者など、発達障害児と接する機会の多い職業に就いている方におすすめです。

発達障害コミュニケーションサポーター

子どもとの適切なコミュニケーション方法を学び、心の引き出し方を習得することが目的の資格です。人間力認定協会が認定しており、子どもの年齢や成長段階に応じた関わり方を学べます。

学校や社会生活でのトラブルや悩みを早期に発見し、適切なサポートができるようになるため、教員や保育士、さらには子育て中の親御さんにもおすすめの資格です。短期間で学べるカリキュラムが設計されており、実践的なケーススタディを通じて、子どもとの良好なコミュニケーションスキルを身につけることができます。

発達障害学習支援サポーター認定

発達障害学習支援サポーター認定は、発達障害を持つ子どもたちの学習面でのフォローを専門とする資格です。一般社団法人子ども・青少年育成支援協会が主催しており、専門的な知識と学習支援のアプローチ方法を体系的に学ぶことができます。

学習支援に特化しており、放課後等デイサービス従事者や学校教諭にとって、発達障害を持つ子どもたちの学びを支える貴重なスキルを習得できます。

発達障害支援に関するその他の資格

発達障害支援の領域では、専門的な知識や技術を習得するための多様な資格が存在します。ここでは、それらの中から特に注目すべき3つの資格について解説します。

チャイルドカウンセラー

一般財団法人日本能力開発推進協会によって認定されています。発達障害を含むあらゆる子どもとの関わり方について深く学び、児童心理のスペシャリストとしてのスキルを身につけることを目的としています。

発達障害支援の分野で活躍するためには、子どもの心理を理解し、適切なアプローチを行える能力が求められるため、チャイルドカウンセラーは非常に役立ちます。医療、福祉、教育の現場で働く人や、子どもの心に寄り添いたい全ての人におすすめの資格です。

自閉症スペクトラム支援士

NPO法人日本自閉症スペクトラム支援協会が認定する資格であり、自閉症スペクトラム障害を持つ人々をサポートするための専門知識と技術を習得できます。保育士、幼稚園教諭、学校教諭、児童福祉施設職員、心理士など、特定の資格を持つ人が対象となります。

スタンダードコースを含む3種の認定レベルがあり、研究大会への参加や実務経験、試験を経てスペシャリストとして認定されます。自閉症スペクトラム障害に特化したサポートを提供したい方におすすめの資格です。

運動療育支援員

NPO法人運動保育士会が認定する資格で、運動を通じた発達障害支援の方法を学びます。運動遊び実践コースと発達障害支援コースがあり、療育従事者だけでなく、保育士や幼稚園教諭など、子どもの発達を支える全ての人に適した内容が提供されます。

運動を通じて子どもたちの身体的、精神的発達を促すための技術や知識を習得できるため、発達障害のある子どもたちを支援する上で非常に有効です。運動療育に興味がある方におすすめの資格です。

資料ダウンロードまたは郵送はこちら  無料オンラインセミナーのご予約はこちら

発達障害に関する資格を取るメリット

発達障害支援に関連する資格を取得することには、多くのメリットがあります。ここでは、特に重要な二つのメリットを紹介します。

子どもと適切なコミュニケーションが図れる

発達障害に関する資格を取得すると、子どもとの適切なコミュニケーション方法を学ぶことができます。資格取得の過程で、子どもの自立心を高める方法や、彼らが何を求めているのかを正確に理解するためのスキルを身につけることが可能です。このようなスキルは、子育てや保育士、教育関連の職業において非常に役立ちます。

グレーゾーンの診断を受けた子どもとの関わり方を学ぶことで、状況把握がスムーズになり、慌てずに適切なサポートを提供できるようになります。このメリットは、発達障害支援における資格取得をおすすめする大きな理由の一つです。

履歴書でアピールできる

発達障害に関する資格は、保育士や放課後デイサービス、ベビーシッターなど、子どもに関わる職種の履歴書で大きなアピールポイントとなります。国家資格がない中で、専門協会が認定する資格を取得していることは、独学で勉強した知識よりも強力な差別化要因になり得ます。

履歴書に資格を記載することで、採用担当者に対して専門的な知識と実践スキルを持っていることをアピールできます。さらに、発達障害支援に関する資格は、特定の専門職だけでなく、子どもに関わる幅広い職種で活用できるため、キャリアの選択肢を広げることができます。

発達障害児の支援に資格が不要なケース

発達障害児の支援において、必ずしも資格が必要となるわけではありません。特に以下の二つのケースでは、資格を持っていなくても支援が可能です。

我が子の支援をする場合

親が自身の子どもを支援する場合、特別な資格を持っている必要はありません。実際、多くの親が、子どもが発達障害のグレーゾーンにあると知った時に、どのように対応すればよいかを学ぶために資格取得の講座に参加します。

資格取得を目指す主な理由は、体系的な学びを通じて、発達障害についての幅広い知識を得ること、そしてそれをもとに子どもとの適切なコミュニケーション方法や支援の仕方を学ぶことです。この学びは、子どもへの具体的な支援に直結し、親自身の自信にも繋がります。また、家族や他者とのコミュニケーションにおいても、資格学習によって得た知識は説得力を持つ材料となり得ます。

放課後等デイサービスを開業する場合

放課後等デイサービスの経営において、オーナー自身が特定の資格を持っている必要はありません。重要なのは、施設が提供するサービスに対して、適切な資格や経験を持つ専門スタッフを配置することです。経営者は、施設の運営や働きやすい環境作りに集中し、子どもたちとの直接的なやり取りは専門スタッフに任せる形が一般的です。

放課後等デイサービスは、ただ子どもを預かるだけではなく、発達障害のある子どもたちの生活能力向上や自立をサポートする役割を持ちます。そのため、施設の設立にあたっては、専門的なサービスを提供できるよう、細かな条件に基づいた準備が求められますが、経営者が資格を持っている必要はないのです。

資料ダウンロードまたは郵送はこちら  無料オンラインセミナーのご予約はこちら

まとめ

この記事では、発達障害児を支援する上での資格の重要性や、特定の状況下で資格が不要となるケースを解説しました。発達障害支援における資格取得は、専門的な知識を習得し、子どもたちとの適切なコミュニケーション方法を学ぶ上で非常に有益です。また、履歴書に資格を記載することで職場での信頼を得やすくなります。しかし、我が子の支援や放課後等デイサービスの開業のように、資格が直接必要とされない場合もあります。

このような資格取得の選択において、療育ネットが提供するサービスは大きな支援となり得ます。療育ネットは、発達障害児の支援に関する幅広い知識と資源を提供し、資格取得から支援施設の運営まで、総合的なサポートを行っています。特に、株式会社健生による放課後等デイサービスの開業支援は、オーナーが理想とする施設を実現するための強力なパートナーとなります。

療育ネットを利用することで、発達障害支援に関する正確かつ実践的な情報を得ることができ、資格取得の有無にかかわらず、発達障害児への適切な支援を行うための確かな一歩を踏み出すことができます。

児童発達支援や放課後等デイサービス開業支援なら、療育ネットにご相談ください。

放課後等デイサービス、集客の秘訣を公開!セミナーに申し込む

セミナー申込・問合せ

Kensei療育.net

会員様ログイン
お電話
資料
請求