ブログ
ブログ
2024.02.06
コラム

発達障害児との関わり方とは?関わる際の7つのポイントも解説

子どもたち一人ひとりは独自の個性と才能を持っていますが、発達障害を抱えるお子様をお持ちの保護者や教育関係者の方々は、日々、特別な課題に直面していることでしょう。

 

『発達障害児の関わり方』についての深い理解は、これらの子どもたちとのコミュニケーションや教育において、どうしたら最適なサポートができるのかを知ることが不可欠です。

 

本記事では、発達障害児との関わり方に関する専門家のアドバイスや、実際のケーススタディを基に、彼らが抱える困難に寄り添い、その能力を引き出すための具体的な方法をご紹介します。

 

この記事を読むことで、お子様の特別なニーズに応えるための実践的な知識とスキルが身につき、より良い関係構築につながるでしょう。

 

発達障害児との6つの関わり方

以下で順番に解説します。

 

曖昧な表現や比喩は避ける

発達障害児には、比喩や抽象的な表現を理解するのが難しい場合があります。例えば、「雨が降る猫と犬」という表現は文字通りに受け取ってしまうかもしれません。明確で具体的な言葉を選ぶことで、彼らの理解を助け、混乱を避けることができます。

 

指示は簡潔に伝える

複雑な指示は発達障害児にとって理解しにくいものです。指示を簡潔で明確にすることが重要です。一度に複数の指示を与えるのではなく、一つずつ、順番に伝えると効果的です。

 

論理的に話す

発達障害児とのコミュニケーションでは、論理的で一貫性のある話し方が理解を促進します。話の流れが予測しやすく、彼らに安心感を与えることができます。

 

具体的な表現を使う

抽象的な概念よりも、具体的な表現を使うことが有効です。例えば、「明日」と言う代わりに「水曜日の朝」と言うなど、具体的な時間や状況を示す言葉を使います。

 

話しかけるタイミングを見計らう

発達障害児は集中している時に邪魔されると困惑したり、イライラしたりすることがあります。話しかける前に、彼らがリラックスしているか、注意が分散しているかを見極め、適切なタイミングでコミュニケーションを取りましょう。

 

一貫性のある行動を心がける

一貫性のある行動は、発達障害児にとって安心感をもたらします。ルールや日常のルーチンが一定であること、言動が矛盾しないことが重要です。これにより、彼らは環境や人々の反応を予測しやすくなり、安心して行動できるようになります。

 

発達障害児と関わる際の7つのポイント

発達障害児とのコミュニケーションにおいて、理解と支援を深めるための7つのポイントをご紹介します。

本人の気持ちを否定しない

発達障害児の感情や意見は、彼らにとって非常に大切です。彼らが表現する気持ちを否定せず、理解しようとする姿勢が重要です。子どもの感情を受け入れ、肯定することで、信頼関係を築くことができます。

 

フィードバックはその場で行う

発達障害児に対するフィードバックは、行動や言動が起こった直後に行うことが効果的です。即時のフィードバックにより、彼らは自分の行動とその結果を直接関連付けることができ、理解しやすくなります。

 

注意を引き付けてから話しかける

発達障害児に話しかける前に、まず彼らの注意を引くことが大切です。名前を呼んだり、軽く肩に触れたりしてから話を始めることで、彼らが話し手に集中しやすくなります。

 

感情的な言い方をしない

発達障害児には、落ち着いた声のトーンと明確な言葉遣いで話すことが重要です。感情的になると彼らは混乱しやすく、メッセージの本質を見失う可能性があります。

 

大声で話しかけない

大きな声や厳しい言葉使いは、発達障害児を不安にさせることがあります。静かで穏やかなトーンで話すことが、彼らの安心感を保つ上で効果的です。

 

肯定的な言葉を使う

発達障害児に対しては、肯定的な言葉遣いを心がけることが大切です。彼らの努力や成果を認め、ポジティブなフィードバックを提供することで、自己肯定感を育み、積極的な行動を促します。

 

絵カード等も活用する

言葉だけでなく、絵カードや視覚的なツールを使うことも、発達障害児とのコミュニケーションに役立ちます。視覚的なサポートは、彼らにとって理解しやすく、指示や情報を伝える際の助けとなります。

 

発達障害児と深く関わるには放デイがおすすめ

発達障害児との関わりに興味をお持ちの皆さんにとって、放デイ(放課後等デイサービス)の開業は、社会に対する大きな貢献と、子供たちを幸せにするという二つの重要な役割を果たします。

 

まず、放デイの開業は社会貢献に直結します。発達障害を持つ子どもたちに特化したサポートを提供し、彼らが社会の一員として育つための支援を行うことは、地域コミュニティにとっても大きな価値があります。これにより、保護者は信頼できるサポートを受けられると同時に、子どもたちには安心して学べる環境が提供されます。

 

次に、放デイを通じて子供たちを幸せにすることが可能です。子どもたちは、放デイでの様々な活動を通じて自己表現のスキルを磨き、社会的な能力を高めることができます。これらの活動は、彼らの自信を育み、将来にわたって社会的な適応能力を強化します。また、同年代の子供たちとの交流を通じて、友情を育む機会も得られます。

 

放デイの開業は、発達障害を持つ子供たちに特化したサポートを提供することで、彼らの人生にポジティブな影響を与えるだけでなく、地域社会にも大きく貢献します。このような施設を通じて、子供たちの発達を支援し、彼らの幸せを実現することは、非常に意義深い仕事と言えるでしょう。

 

h2まとめ【発達障害児との関わり方は配慮が大切】

 

発達障害児との関わりにおいて、最も重要なのは配慮深いアプローチです。彼らの感情を尊重し、簡潔で具体的なコミュニケーションを心がけることが大切です。また、感情的な言い方を避け、一貫性を持って接することで、子どもたちが安心して関わることができます。これらのポイントは、子どもたちの自信を育み、彼らが社会に適応するための基盤を築く上で非常に重要です。

 

このような配慮深い関わり方をさらに深めるためには、Kensei療育.netの利用がおすすめです。Kensei療育.netは、発達障害のある子どもたちをサポートするための情報やリソースを提供しています。専門的な知識や実践的なアドバイスを通じて、子どもたちとのより良い関係構築に役立つでしょう。発達障害児とのコミュニケーションにおいて、理解と支援を深めるための有益な情報が得られますので、是非活用してみてください。

 

療育ネット 公式サイト https://kensei-fukushi.jp/

放課後等デイサービス、集客の秘訣を公開!セミナーに申し込む

セミナー申込・問合せ

Kensei療育.net

会員様ログイン
お電話
資料
請求