ブログ
ブログ
2024.02.06
コラム

発達障害の子供の叱り方とは?してはいけない3つの𠮟り方も解説

子育ては喜びも多いけれど、時には挑戦も伴います。特に、発達障害を持つお子さんを持つ親御さんにとって、”正しい叱り方”は頭を悩ませる問題ですよね。

 

この記事では、発達障害を持つ子供への効果的な叱り方について、専門家の知見を基に解説します。私たちの目指すのは、お子さんの自尊心を守りながら、ポジティブな行動変化を促す方法です。

 

ここで紹介するテクニックを取り入れることで、お子さんとのコミュニケーションがよりスムーズになり、親子関係がさらに深まるでしょう。また、子供の自己表現や自立心を育むためのヒントも提供します。

 

この記事を読めば、発達障害のあるお子さんを叱る際の不安が和らぎ、より良い親子関係を築くための第一歩を踏み出せるはずです。

 

発達障害の子供の正しい叱り方

発達障害を持つお子さんへの適切な叱り方は、単に指導すること以上の意味を持ちます。愛情と理解を基にした接し方で、お子さんの自立と成長を支えることができるのです。

CCQを意識する

「CCQ」とは、Clear(明確な)、Concise(簡潔な)、Consistent(一貫性のある)の三つの「C」と、Question(質問)の「Q」を意味します。発達障害のある子供に対する叱り方では、これらを意識することが重要です。指示は明確で、短く簡潔に伝え、常に一貫した方法で接することが求められます。

 

また、子供が理解しているかを確認するために、質問を交えることも効果的です。これにより、子供は期待される行動が何であるかをより容易に理解し、受け入れやすくなります。

 

 叱るときの基準を決めておく

発達障害を持つ子供に対しては、何をもって叱るかの基準を明確にすることが大切です。この基準は、安全性や他人への配慮など、非常に重要な行動原則に限定するべきです。些細な行為や、子供の発達段階に考慮した通常の行動は叱る対象から外しましょう。基準が明確であれば、子供も何が許されて何が許されないのかを理解しやすくなります。

 

 叱っている理由を伝える

叱る際には、その理由を子供に説明することが不可欠です。特に発達障害を持つ子供の場合、叱られている行為とその理由の関連性を理解するのが難しい場合があります。ですから、叱る理由を明確にし、なぜその行為が望ましくないのかを優しく教えることが大切です。これにより、子供は行動と結果の関係を学び、より良い行動を選択する助けとなります。

 

 視覚も活用して叱る

発達障害のある子供は、視覚的な情報の方が理解しやすいことがあります。そのため、言葉だけでなく視覚的な手段も活用することが効果的です。例えば、不適切な行動を示すイラストや、望ましい行動の例を示す写真を使うことで、子供に対してより明確にメッセージを伝えることができます。

 

この方法は、子供が叱られている理由を視覚的に理解するのに役立ち、改善につながりやすくなります。

 

発達障害の子どもにしてはいけない3つの叱り方・対応

発達障害を持つ子どもへの叱り方は、彼らの感情と発達を尊重し、その特性を理解することが鍵です。適切な対応を通じて、子どもの心を傷つけることなく、肯定的な成長を促すことができます。

名前を呼ぶだけの感情的な叱り方

発達障害の子どもに対して、名前を呼んだだけで感情的に叱るのは避けるべきです。この方法は、子どもが行動を改めるための具体的な指示や理解を伴わないため、混乱や不安を引き起こす可能性があります。

 

また、感情的な声のトーンや大声は、子どもに不必要なストレスを与えることにもなりかねません。子どもがなぜ叱られているのかを理解できるよう、具体的かつ冷静に説明することが大切です。

 

「なぜ」と問い詰める叱り方

「なぜ」という問いかけは、子どもにとって答えることが難しい場合があります。特に発達障害のある子どもは、自分の行動について明確に説明するのが苦手なことが多いです。問い詰めるような叱り方は、子どもを追い詰め、感情的な反応を引き起こす可能性があります。子どもが自分の行動を理解し、反省する機会を与えるためにも、問い詰めるのではなく、支援的なアプローチを取ることが重要です。

 

すべて肯定的に受け止める

肯定的な対応は子どもの自尊心を守る上で重要ですが、すべてを肯定的に受け止めるのは適切ではありません。特に安全や社会的な規範に関わる行動については、適切な指導と訂正が必要です。子どもが間違った行動を取った場合には、なぜそれが適切ではないのかを優しく説明し、正しい行動を教えることが重要です。このバランスをとることで、子どもは正しい行動を学びつつ、自己肯定感を保つことができます。

 

発達障害児と深く関わるには放デイの開業がおすすめ

発達障害のある子どもたちと深く関わり、彼らの成長と幸せをサポートしたいとお考えの方にとって、放デイ(放課後等デイサービス)の開業は、非常に意義深い選択肢です。放デイを通じて、あなたは社会に貢献しながら、多くの子どもたちに希望と喜びをもたらすことができます。

 

社会貢献になる

デイサービスの開業は、社会貢献の一形態です。発達障害のある子どもたちは、特別な支援や理解が必要であり、そのような環境を提供することは、社会全体の包摂性を高めることに繋がります。子どもたち一人ひとりが持つ独特の才能や可能性を引き出し、彼らが社会の一員として幸せに生きていくための支援を行うことで、より良い未来を築く手助けとなります。

 

子供たちを幸せにできる

放デイサービスは、発達障害児に特化した活動やプログラムを通じて、子どもたちの自己肯定感を高め、社会的スキルを向上させる機会を提供します。これらのプログラムは、子どもたちの日々の生活における困難を軽減し、彼らが自分自身と周囲の世界との関わり方を学ぶ手助けとなります。

 

放デイでの経験は、子どもたちにとって楽しいだけでなく、彼らの自信を育むことにもつながり、最終的にはより幸せな人生を送る基盤を築くことに貢献します。

 

放デイサービスの開業は、発達障害児とその家族、さらには社会に対しても大きな影響を及ぼす価値ある活動です。子どもたちの笑顔と成長を支えることで、あなた自身も大きな満足感と幸福感を得ることができるでしょう。

 

まとめ【放デイの開業ならKensei療育.net】

発達障害を持つ子どもたちには、特別な理解と支援が必要です。適切な叱り方、深い関わり方、そして放デイサービスの提供は、これらの子どもたちの成長と幸福を大きく支える要素となります。社会全体が発達障害の理解を深め、適切な支援を提供することで、これらの子どもたちが自分らしく、そして社会の一員として活躍できるようになります。

 

この道を進むには、専門的な知識と情報が不可欠です。ここで、Kensei療育.netの利用をお勧めします。Kensei療育.netは、発達障害を持つ子どもたちのための情報リソースであり、彼らの育成に関わる専門家や家族にとって貴重なサポートを提供します。

 

最新の研究、療育方法、支援プログラムなど、実践的な情報が満載です。発達障害児の支援に関わるすべての人々にとって、Kensei療育.netは大きな助けとなるでしょう。

 

ご相談・お問い合わせは、こちらです。

電話予約のご相談 Form (hsforms.com) 

 

公式サイト 療育ネット https://kensei-fukushi.jp/

 

放課後等デイサービス、集客の秘訣を公開!セミナーに申し込む

セミナー申込・問合せ

Kensei療育.net

会員様ログイン
お電話
資料
請求