ブログ
ブログ
2024.02.06
コラム放デイ

放課後等デイサービスの総量規制とは?開業で意見書をもらうコツも解説

放課後等デイサービスを開業する際、総量規制の理解は不可欠です。本記事では、この規制が市場に及ぼす影響と、成功するサービスの立ち上げ方を詳しく解説します。

 

市場調査の重要性と合わせて、開業における具体的なステップを提供し、あなたのビジネスプランを現実の成功に導きます。

放課後等デイサービスの総量規制とは

放課後等デイサービスの総量規制とは、児童発達支援や放課後等のデイサービスを提供する施設における、サービスの提供量や質を一定の水準に保つために設けられた制限のことです。この規制は、利用する児童やその家族にとって最適なサポートを提供するとともに、サービス提供者側の適切な運営を促進するために存在します。

主な目的

【サービスの質の確保】

児童一人ひとりに対する適切な注意とケアを提供するため、施設の受け入れ人数やスタッフの人員配置に限界を設けることで、質の高いサービスを維持します。

 

【安全の確保】

総量規制は、施設内の混雑を防ぎ、事故やトラブルのリスクを減らすためにも重要です。子どもたちの安全と快適な環境が確保されます。

 

【個別のニーズへの対応】

限られた数の児童に集中してサービスを提供することで、各児童の個別のニーズに対応しやすくなります。

 

総量規制を行われている地域では新規開業できない

総量規制が行われている場合は「新規の事業所の指定を行わない」ので新規の開設ができません。そのため、開業を考えたら、まずは開業を希望している地域の自治体に「総量規制が行われているか」を確認してから放課後等デイサービス開業の準備を進めるようにしましょう。

 

またどんな事業所が需要があるのか、地域の障がい児童の数や周りの事業所数はどうか、など事前調査を十分に行って事業所づくりの方向性を決めるのがポイントです。

放課後等デイサービスの開業で意見書をもらうポイント

以下では、ポイントについて解説します。

プレゼンテーションの重要性を理解する

 開業に向けたプレゼンテーションは必須です。市区町村が事業者を選定する際の基準として使われ、意見書の交付を受けるためにも重要です。プレゼンテーションを通じて、事業者の意図や能力を示すことが求められます。

プレゼンテーションで必要な内容を盛り込む

プレゼンテーションでは、対象児童の障害特性や年齢、提供したいプログラム活動、児童の将来に向けたビジョン、障害福祉サービスの中長期目標の提示などを含めることが推奨されます。これらの内容は、事業者の目的と計画を明確に伝えるために重要です​​。

放課後等デイサービスで開業を成功させるには

放課後等デイサービスで開業を成功させるためには、ユニークなコンセプトの確立と徹底した商圏調査が不可欠です。これらを通じて、市場のニーズを捉え、競合との差別化を図ることが重要です。

放デイのコンセプトを固める

成功するためには、独自のコンセプトを明確にすることが重要です。サービスの特徴や提供する価値、対象となる児童の特性などを考慮し、他の事業者との差別化を図る必要があります。コンセプトを明確にすることで、利用者やその家族にとって魅力的なサービスを提供できます。

商圏調査を実施する

開業予定の地域の市場状況や競合の状況を調査し、需要と供給のバランスを理解することが大切です。地域の特性やターゲットとする顧客層のニーズを把握し、それに合わせたサービスを計画することで、成功の可能性を高めることができます。

 

まとめ【放課後等デイサービスの開業ならKensei療育.net】

放課後等デイサービスを開業する際には、オリジナリティ溢れるサービスのアイデアと地域の市場調査が鍵です。成功のためには、独自のコンセプトを作り、需要と供給を理解することが不可欠です。

 

Kensei療育.netは、これらのプロセスをサポートするための情報やツールを提供しています。初心者から経験者まで役立つコンテンツで、開業計画から運営に至るまでの一連の流れをわかりやすくナビゲートします。

Kensei療育.netを利用することで、開業の道のりをスムーズに進める手助けとなります。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

資料請求はこちらです。

Kenseiの障害福祉ポータル|開業・運営支援のコンサルティング (kensei-fukushi.jp)

 

公式サイト https://kensei-fukushi.jp/

 

放課後等デイサービス、集客の秘訣を公開!セミナーに申し込む

セミナー申込・問合せ

Kensei療育.net

会員様ログイン
お電話
資料
請求